赤目四十八滝散策

赤目四十八滝が曽爾村に接しているということを知り、さっそく行ってみることに。
全国には「四十八滝」と名称のついた場所は10ヵ所以上あるそうだ。自宅の近くにも兵庫県篠山市の多紀連山にある筱見四十八滝、兵庫県豊岡市蘇武岳の阿瀬渓谷四十八滝があり時々ハイキングに行く。赤目と同じく滝が連続し特に雨上がりは滝から流れ落ちる迫力ある景色が楽しめる。(写真は赤目荷担滝)
IMG_6431.jpg

赤目四十八滝の 入口ゲート。開場時間8時30分は冬場はともかく少し遅いと思う。スタッフの関係なんでしょが。
入場料400円・年間入場券1600円。建物はオオサンショウウオセンターになっている。
IMG_6444.jpg

川に沿って上流へ。
IMG_6369.jpg

最初の現れたのは「行者滝」
こぢんまりとした可愛い滝だ。
IMG_6371.jpg

赤目五瀑のひとつ、不動滝。「わぁ」思わず声が出た。
IMG_6378.jpg

IMG_6375.jpg

凄いのは滝だけでなく、整備がいきとどいた散策路。
IMG_6402.jpg

滝壺をまいて登る急峻な崖にも見事な歩道が架けてある。
他の四十八滝とくらべ渓谷の幅が広い赤目。自然へのダメージを最小限に遊歩道を作ることができたのだろう。
IMG_6429.jpg

少し行くと乙女滝に。滑らかな岩をつたいやさしく流れる。乙女というその命名は?
IMG_6379.jpg

立派な環境配慮型トイレが。
IMG_6381.jpg

IMG_6384.jpg

IMG_6383.jpg

千手茶屋の目の前にある千手滝。赤目五瀑のひとつ。
IMG_6386.jpg

IMG_6385.jpg

護摩の窟。空海とともに、ここにも役行者(役小角)の足跡が。修行場であったことは納得できる場所だ。
IMG_6441.jpg

布曳滝。赤目五瀑の中で私の一番がここだ。
30mの落差と深い滝壺。渓谷の両側の高い岸壁を龍が立ち上るような情景を感じる空間だ。
以前、私が勤務した職場の正面にも同じ名前の「ぬのびきの滝」があった。どちらもいい滝だ。
IMG_6389.jpg

IMG_6390.jpg

竜が滝、縋藤滝、陰陽滝と続く。
IMG_6395.jpg

IMG_6403.jpg

IMG_6401.jpg

百畳岩は広い一枚岩。あまりにも手を加えすぎだ。
IMG_6408.jpg

IMG_6411.jpg

IMG_6410.jpg

姉妹滝。右が姉で左が妹だろうか?。
IMG_6412.jpg

柿壺滝
IMG_6415.jpg

笄滝
IMG_6419.jpg

骸骨滝
IMG_6425.jpg

赤目五瀑の荷担滝。すぐ上にも滝がある。
景観が 渓谷ナンバーワンとのこと。
IMG_6440.jpg

最後の五瀑、琵琶滝。
IMG_6436.jpg

巌窟滝。四十八滝のハイキングコースの折り返し地点。
ここまで 片道90分。
IMG_6437.jpg

巌窟滝の上部には「洪水調整ダム」があった。非常電話をはじめ、すべてに管理が行き届いている。
IMG_6438.jpg

渓谷入口の赤目温泉対泉閣へ。偶然にも私一人だけ。のんびり1時間のお風呂タイム。
IMG_6367.jpg

帰り道、最初の集落の畑に案山子が。
IMG_6365.jpg

本物の女の子かと思った。
IMG_6446.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

良い滝ですね。
紅葉の頃も綺麗でしょうね。

紅葉の頃は綺麗

今回が初めてなのでなので分かりませんが、資料によると11月の紅葉シーズンになると、イロハモミジ、カエデ、ヤマザクラが渓谷を赤く染め、さらに夕刻より入口付近の霊蛇滝周辺では数百個のキャンドルと、竹に無数の穴を開けた穴からこぼれ落ちる灯りが揺らめき、七変化に変化するライトアップが渓谷を照らしだすようです。滝と紅葉の幻想的な空間を楽しむことができると説明されていました。

素晴らしいです。

良い風景に見に行きたくなりました

Re: 素晴らしいです。

素晴らしい風景と素敵な方々との出会い。旅は若さの泉だそうです。
プロフィール

murameguri

Author:murameguri
京都北部で田舎暮らし
時々素敵な村をのんびり旅

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR