松崎町めぐり④古民家再生に感激

歴史ある古民家
IMG_8336.jpg

かわいい唐破風屋根の玄関
IMG_8330.jpg

玄関前で作業されている方にお話を伺う。
空き家だった古民家を購入し、できるだけオリジナルに忠実なリフォームをしているという。
もともと近所に住んでいたご主人。子どもの時に建っていた古い町屋がどんどん取り壊される中、自分がそこで生活をし守っていくことができればと想い決断したという。
IMG_8337.jpg

特に玄関から縁側は痛みが激しく、木が腐食して前に傾いて危機的状態だったそうだ。
難工事を、地元の大工さんと左官屋さんと電気屋さんの奮闘により元の姿を取り戻すことができた。
IMG_8331.jpg

家の中を案内してくれた。それは、感激の連続。
玄関から土間がつづく。
IMG_8305.jpg

IMG_8307.jpg

土間の奥は台所
IMG_8297.jpg

台所の蛇口は2本。1本は水道水。もう1本は、なんと温泉水が出てきた。
24時間、自宅で温泉が楽しめる。温泉水料は月1万円の定額。水温はころあいだが、夏は少し冷まして風呂へ入るとそうだ。
IMG_8306.jpg

台所の天井は大正ロマンを感じる。中央には左官屋さんの鏝絵が。
IMG_8296.jpg

この台所にピッタリデザインの冷蔵庫。
IMG_8304.jpg

台所スイッチは真鍮製のプレート。
IMG_8299.jpg

台所から木製の扉を開けると浴室。細かいタイルが今でも輝いている。
IMG_8300.jpg

前にすんでおられた方がタイル張りの浴槽をFRPに取り替えたのが残念だ。
IMG_8301.jpg

玄関の踏み板は、欅の柱。大工さんからのプレゼント。カンナをかけると表面が輝く。
IMG_8293.jpg

その昔は歯医者さんの家だったそうだ。
使ってある木材は一級品。
IMG_8321.jpg

週末ごとに少しずつ手を加え古民家再生。
IMG_8309.jpg

新しく取り替えた木材は、「柿渋」を塗って表面を仕上げる。
IMG_8313.jpg

床の間
IMG_8311.jpg

床柱
IMG_8323.jpg

金屏風
IMG_8310.jpg

IMG_8324.jpg

裏の縁側
アルミサッシは家にひとつも使われていない。
IMG_8312.jpg

庭側の和室の奥の部屋を木のフローリングに。障子はすべて自分で張り替え。
掘りごたつがいい。
IMG_8308.jpg

備え付けの家具もそのまま活用。
IMG_8319.jpg

形を変えずオリジナルに沿ってそのままのリフォームを心がけた。
ただ一箇所だけ変更したトイレ。これは必要な工事だ。
IMG_8317.jpg

その昔は両替商もやっていたようで、戸車付いた木製金庫。
IMG_8326.jpg

IMG_8325.jpg

鉄格子の窓
IMG_8333.jpg

鉄格子の窓は上へ引き上げる方式。
IMG_8335.jpg

玄関横の円形窓。梁を換え取り付けてみると開閉可能に。
IMG_8328.jpg

IMG_8327.jpg

玄関のひさしに漆喰絵が。左官屋さんからのプレゼント。
IMG_8329.jpg

2階の小屋裏のお洒落な窓。
IMG_8339.jpg

窓を開けて見えるのは消防の火の見櫓。70年ほど前に祖父が作ったと教えてくれた。
IMG_8340.jpg

初対面の私に対して、時間をさいてお家を案内いただきありがとうございました。
古民家の再生のとりくみは素晴らしい。そしてご主人の言葉が感動的だった。最初は家が自分の存在を受け入れてくれずしっくりこなかった。たくさんの障子を張り終えると、この家がここに住んでいいよと私を認めてくれるようになった。これからも、雑巾をかけ床や柱を磨き良い家にしていきたい。未来へ繋げればと思うが、少なくとも、私が生きている限り家を大切に守っていきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

murameguri

Author:murameguri
京都北部で田舎暮らし
時々素敵な村をのんびり旅

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR