赤目四十八滝散策

赤目四十八滝が曽爾村に接しているということを知り、さっそく行ってみることに。
全国には「四十八滝」と名称のついた場所は10ヵ所以上あるそうだ。自宅の近くにも兵庫県篠山市の多紀連山にある筱見四十八滝、兵庫県豊岡市蘇武岳の阿瀬渓谷四十八滝があり時々ハイキングに行く。赤目と同じく滝が連続し特に雨上がりは滝から流れ落ちる迫力ある景色が楽しめる。(写真は赤目荷担滝)
IMG_6431.jpg

赤目四十八滝の 入口ゲート。開場時間8時30分は冬場はともかく少し遅いと思う。スタッフの関係なんでしょが。
入場料400円・年間入場券1600円。建物はオオサンショウウオセンターになっている。
IMG_6444.jpg

川に沿って上流へ。
IMG_6369.jpg

最初の現れたのは「行者滝」
こぢんまりとした可愛い滝だ。
IMG_6371.jpg

赤目五瀑のひとつ、不動滝。「わぁ」思わず声が出た。
IMG_6378.jpg

IMG_6375.jpg

凄いのは滝だけでなく、整備がいきとどいた散策路。
IMG_6402.jpg

滝壺をまいて登る急峻な崖にも見事な歩道が架けてある。
他の四十八滝とくらべ渓谷の幅が広い赤目。自然へのダメージを最小限に遊歩道を作ることができたのだろう。
IMG_6429.jpg

少し行くと乙女滝に。滑らかな岩をつたいやさしく流れる。乙女というその命名は?
IMG_6379.jpg

立派な環境配慮型トイレが。
IMG_6381.jpg

IMG_6384.jpg

IMG_6383.jpg

千手茶屋の目の前にある千手滝。赤目五瀑のひとつ。
IMG_6386.jpg

IMG_6385.jpg

護摩の窟。空海とともに、ここにも役行者(役小角)の足跡が。修行場であったことは納得できる場所だ。
IMG_6441.jpg

布曳滝。赤目五瀑の中で私の一番がここだ。
30mの落差と深い滝壺。渓谷の両側の高い岸壁を龍が立ち上るような情景を感じる空間だ。
以前、私が勤務した職場の正面にも同じ名前の「ぬのびきの滝」があった。どちらもいい滝だ。
IMG_6389.jpg

IMG_6390.jpg

竜が滝、縋藤滝、陰陽滝と続く。
IMG_6395.jpg

IMG_6403.jpg

IMG_6401.jpg

百畳岩は広い一枚岩。あまりにも手を加えすぎだ。
IMG_6408.jpg

IMG_6411.jpg

IMG_6410.jpg

姉妹滝。右が姉で左が妹だろうか?。
IMG_6412.jpg

柿壺滝
IMG_6415.jpg

笄滝
IMG_6419.jpg

骸骨滝
IMG_6425.jpg

赤目五瀑の荷担滝。すぐ上にも滝がある。
景観が 渓谷ナンバーワンとのこと。
IMG_6440.jpg

最後の五瀑、琵琶滝。
IMG_6436.jpg

巌窟滝。四十八滝のハイキングコースの折り返し地点。
ここまで 片道90分。
IMG_6437.jpg

巌窟滝の上部には「洪水調整ダム」があった。非常電話をはじめ、すべてに管理が行き届いている。
IMG_6438.jpg

渓谷入口の赤目温泉対泉閣へ。偶然にも私一人だけ。のんびり1時間のお風呂タイム。
IMG_6367.jpg

帰り道、最初の集落の畑に案山子が。
IMG_6365.jpg

本物の女の子かと思った。
IMG_6446.jpg

笠置町(京都府相楽郡)

和束町の隣の笠置町へ。同じ京都府でも初めて訪れる町。そのきっかけとなったのは、先月行った海士町郷土資料館で学芸員さんから受けた説明だった。後醍醐天皇は京を出た後に和束町にある鷲峰山金胎寺に移り笠置山に至った。しかし笠置山の戦いで破れ捕らわれ隠岐に流されることとなったという。
IMG_6224.jpg

町から登山道を歩く
IMG_6222.jpg

標高289メートルの笠置山を境内とする笠置寺。チェンソーを持った住職にお話を伺うと、国有林にあるため枯れ木一本伐採するにも許可が必要とのこと。笠置山全体を管理されていることに頭が下がる。
IMG_6223.jpg

重要文化財指定のお寺の梵鐘は1196年に作られた。
IMG_6264.jpg

自然の岩壁に直接彫り刻んだ巨大な磨崖仏・弥勒仏を本尊とする。風化により光背の形が残るのみだが、手前の石造十三重塔 とともに重要文化財に指定されている
IMG_6228.jpg

弥勒磨崖仏の礼堂の正月堂には再現された菩薩の姿が
IMG_6230.jpg

東大寺の二月堂と同じく本堂が櫓で支えられている
IMG_6232.jpg

一周約800mの修行場を歩く。最初に虚空蔵菩薩磨崖仏。その後「胎内くぐり」「蟻の戸渡り」「ゆるぎ石」などの奇岩や巨石が点在。
IMG_6234.jpg

IMG_6238.jpg

IMG_6253.jpg

IMG_6247.jpg

IMG_6252.jpg

途中、数カ所見通しが開け眼下には木津川が流れる
IMG_6254.jpg

後醍醐天皇の行在所遺址は枯れ枝落下の危険のため通行止めに
IMG_6259.jpg

最後に、笠置町役場に立ち寄り、西村町長にあいさつ。総務課長から、この4月から小学生の給食費と修学旅行費を無償にした経緯をお聞きした。
IMG_6220.jpg


曽爾村めぐり③お宅訪問

どっしりと構える古民家を見せていただく。
IMG_6361.jpg

家の前の松の枝が水平に伸びる
IMG_6362.jpg

20mはあろうか思う長い枝。一年に6cmほど枝が伸びるそうで、いったい何年かかったのか伺うが分からないとのこと。
IMG_6277.jpg

しかも、ほかに横と後ろに2本枝が伸びている
IMG_6273.jpg

家の横の庭。200坪以上あろうか広大だ。
IMG_6270.jpg

IMG_6269.jpg

IMG_6272.jpg

IMG_6271.jpg

地元曽爾の銘木で作られた民家。今後も大切に残してほしい
IMG_6268.jpg

道路をはさんだ向かい側で作業する青年。高圧洗浄機を使い杉の木の皮をはがしている
IMG_6364.jpg

ピカピカの木肌が美しい。彼は地域づくり協力隊員として今年曽爾にやってきた。15名の隊員で力を合わせ村に貢献したいと張り切っていた
IMG_6363.jpg

庭先でかまどに火をいれている方にお話を伺った
IMG_6359.jpg

こんにゃくを練り、今から湯がくところだと言う
IMG_6358.jpg

週末移住者で野菜やお茶を育て曽爾の自然にかこまれ里山生活をEnjoyしているそうだ。自家製のお茶をいただく。
IMG_6360.jpg

曽爾村めぐり②「絶景展望登山コース」ハイキング

曽爾高原から見た、村の西側にそびえ立つ国見山と住塚山をハイキング。
朝6時に谷間に響く起床の音楽には驚いた。事前に許可をとり車を役場に置く。
IMG_6296.jpg

門僕神社から出発
IMG_6295.jpg

「東海道自然歩道」に入り、しばらく登るとキャンプ場のあるサン・ビレッジ曽爾に
IMG_6300.jpg

アスファルト道をしばらく行くと長走りの滝に
IMG_6303.jpg

済浄坊渓谷に入る
IMG_6306.jpg

渓谷を登っていく。済浄坊渓滝をはじめ大小の滝が次々と現れる気持ちの良いルート
IMG_6312.jpg

IMG_6316.jpg

IMG_6319.jpg

IMG_6321.jpg

IMG_6322.jpg

林道にあたる。道の両側はヒノキとスギが植林され見事に管理されている
IMG_6324.jpg

林道の道はスギの落ち枝で覆われる
IMG_6326.jpg

クマタワ峠。東海道自然歩道と別れる
IMG_6327.jpg

国見山へは急勾配の階段が延々と続く
IMG_6333.jpg

ギンリョウソウの群生
IMG_6331.jpg

イノシシのお風呂、泥のヌタ場発見
IMG_6330.jpg

頂上直下は新緑のトンネル
IMG_6334.jpg

標高1016mの国見山。頂上は360°の大パノラマ。快晴でもあり抜群の眺望。近畿中南部の山々を見事に見渡すことができる
IMG_6339.jpg

山頂で出会った大和高田市の男性にシャッターを押していただく
IMG_6340.jpg

住塚山への縦走路。男性とともにゼニヤタワを越えるアップダウンの道を進む。
IMG_6342.jpg

ツツジの花が咲きかけている
IMG_6346.jpg

住塚山からは、昨日行った曽爾高原がよく見える
IMG_6347.jpg

急勾配のジグザグ道を下る。境界線目印の赤松
IMG_6351.jpg

ゴールの屏風岩公苑。
IMG_6356.jpg

高さ200m、幅1.5kmにもおよぶ、室生火山群がつくった柱状節理の「屏風岩」。曽爾村の名所のひとつだ。
IMG_6353.jpg

全行程4時間30分。曽爾高原にある名湯「お亀の湯」で汗を流す。

曽爾村めぐり①曽爾高原めぐり

2010年の春、職場厚生事業のハイキングでこの地を訪れた
IMG_0418.jpg

すすきの草原。新芽の鮮やかな緑色
IMG_0421.jpg

広大な景色に子どもたちも大満足
IMG_2911.jpg

頂上の倶留尊山は日本三百名山である
IMG_0425.jpg

7年後の今日。ふたたび曽爾高原に。
IMG_6286.jpg

夕日に草原の壁が照らされる
IMG_6285.jpg

6時31分日没。明日はその山を歩こう
IMG_6290.jpg

和束町めぐり③お茶の町「茶源郷」めぐり

朝5時、日の出とともに和束町をめぐることに
IMG_6212.jpg

和束町は桃源郷でなく「茶源郷」?。
IMG_6214.jpg

お茶畑が和束町の風景。石寺の茶畑の谷には、まだ太陽の光がとどいていない。
IMG_6092.jpg

山だけでなく民家の周りも茶畑が。
IMG_6094.jpg

海抜600mほどにある茶畑
IMG_6102.jpg

ここからは山城の町が見える
IMG_6100.jpg

IMG_6187.jpg

和束の中央を流れる和束川。山だけでなく川の風景も美しい。
IMG_6095.jpg

川のほとりにたたづむ弥勒磨崖仏
IMG_6070.jpg

偶然に、堀忠雄町長にお目にかかりる。
自然豊かなお茶の名産地である和束町。この美しい景色は長い年月をかけて人々が手をかけ茶葉を育て、今日まで作りあげてきた。さらに、温泉でリラックスすることと同じように、お茶で癒やされる「茶泉」文化を発信したいと町長は語ってくれた。「茶源郷」というネーミングは、まさしく和束町にしかつけられないものだ。
IMG_6209.jpg

茶農家の製茶工場を見せていただく。その大きさにびっくり。
IMG_6078.jpg

この春から娘さんのご主人が後継者に。その彼が案内してくれた。笑顔の素敵な奥さんと、可愛い赤ちゃん。あったか家族にお出会いした。
IMG_6077.jpg

一日に何杯も、「和束茶」を楽しんだ。最初はやや苦いが、だんだんと甘さが広がるお茶だと感じた。私の好きな味だ。
IMG_6211.jpg

和束町の風景を撮影したつもりだったが気がつけばメモリーカードが入っていない。ガッカリしている私に「メモリーを貸してあげるよ。返すのはいつでもいいよ」と声をかけてくれた木工職人の宮さん、ありがとうございました。
IMG_6068.jpg

和束町めぐり②湯船地区めぐり

和束町の旧村で役場から一番遠いところにあるのが湯船地区。
IMG_6197.jpg

湯船に入って一番目立つのが国道で餅を売る女性の姿。日本では道に立って物を売ることを見なくなった。珍しい光景だ。
以前は自宅前で売っていたが、新しい道ができ通行車が減ったためバイパスへきたという。一人暮らしのため、人と話すことが楽しくて続けているそうだ。あんこがたっぷりのヨモギ餅は美味しかった。
IMG_6189.jpg

道を歩いていると「湯船ふれあいハウス」を発見。
IMG_6196.jpg

中に入ると、散髪屋さんだ。男性が言うには、湯船地区から依頼され14年前に始めた。精華町にお住まいで、今は週一回こちらに通っているそうだ。
IMG_6195.jpg

詳しい内容を聞くため自治会が入る会館にお邪魔した。
IMG_6193.jpg

IMG_6190.jpg

二階が湯船区の事務所。事務局の奥田さんからいきさつを伺った。高齢者が散髪に困ってることを知りどうするか協議した結果、土地は町から借りて区が建物を用意したとのこと。さらに熱心な理容師の方のご好意により今まで続けられていると教えてくれた。
自治会が住民に向き合い困り事や要求に応えていく。理想的な活動を続ける素晴らしい湯船地区だ。
湯船地区の特徴として、全面積の半分にあたる山林を湯船区財産区が所有し管理していると話してくれた。
IMG_6201.jpg

事務所の壁に日本と世界地図が張られられている。いつも広い視野で考えようとする湯船区の意識の高さ、姿勢を感じる。
IMG_6203.jpg

IMG_6202.jpg

会館の一階部分は、簡易郵便局と農協が入居。同じ場所の窓口で業務が行われ珍しいのでお聞きした。以前は別々であったが、簡易郵便局の業務を農協が団体として引き受けることにした。全国の過疎地での郵便局はじめ金融機関の撤退は年々増えており、とこでも深刻な状況である。湯船地区は存続していくための画期的なとりくみだ。
IMG_6192.jpg

IMG_6199.jpg

湯船区の滞在は4時間。駐在さんご夫婦・藤田さんご夫婦・農協職員の方・ふるさと協力隊の男性の方、お世話ににりました。
IMG_6200.jpg


和束町めぐり①鷲峰山金胎寺と行場めぐり

町を見下ろす鷲峰山の山頂に建つ金胎寺
朝7時に到着し10時まで誰一人会うことがなく、小鳥のさえずりに包まれ静寂な空間と時を過ごした
IMG_6117.jpg

IMG_6123.jpg

IMG_6121.jpg

山頂の宝篋印塔
IMG_6125.jpg

686.7mの山頂の木々の間から滋賀県の琵琶湖・比良山系がうかがえる
IMG_6126.jpg

7世紀に役小角によって開創された金胎寺。役行者(役小角)の足跡は京都府の大江山、兵庫県の多紀連山のほか全国各地に残っている、まさしく日本歴史のスーパーヒーロー。
IMG_6113.jpg

修験道の核心部。行場めぐりに行くことに。
IMG_6181.jpg

最初は気持ちの良い樹林帯
IMG_6180.jpg

行場の辻には役行者が鎮座し、いよいよ難所に
それにしても、高下駄の行者姿。おそらく天狗のように岩場を飛び回ったのでしょう。
IMG_6131.jpg

東の覗
IMG_6134.jpg

IMG_6135.jpg

東の覗の眼下は新緑の谷
IMG_6136.jpg

西の覗
IMG_6140.jpg

急斜面。足元は木の根と落葉の絨毯で滑りやすい。
IMG_6143.jpg

さらに急峻な岩場が続く
IMG_6146.jpg

胎内潜の岩。この穴を潜ることによって今までの人生を全てクリア。新しく生まれ変わることができる。筑波山はじめ多くの修験行場にある。
IMG_6149.jpg

私も、新たな人生に。
IMG_6150.jpg

谷川に到着
IMG_6155.jpg

千手の滝
IMG_6157.jpg

五光の滝
IMG_6161.jpg

谷川を渡ると今度は登りの行場へ
IMG_6163.jpg

ここにも役行者が
IMG_6164.jpg

これからが修験の本場。一歩間違えると命はない。
護摩壇・鎖掛・小鎖掛と岩場の連続。心臓の鼓動が聞こえる。
IMG_6167.jpg

IMG_6168.jpg

IMG_6169.jpg

岩の上で小休止。ペットボトル一本を一気に飲む。
IMG_6173.jpg

ここはコンパクトな行場ながら険しさは一級品。よくぞ毎日ここで修行し鍛錬したと関心する。
IMG_6171.jpg

平等岩を超えても気が抜けない。蝶の戸渡りを過ぎれれば出発の合流点に
IMG_6179.jpg

道標「三一丁」。かつては里から一歩一歩ふみしめ鷲峰山へ。その道を歩いてみたい。
IMG_6110.jpg

小代めぐり⑤美しい村めぐり

朝日とともに歴史公園を散策。当時の見張り台を再現した展望台に登る
IMG_5953.jpg

前夜の雨があがり雲海が、木の枝で全体を見ることが出来ない。春に雲海、小代の地形ならでわ。
IMG_5950.jpg

小代子ども園の親子遠足の集合場所はスキー場の広大な駐車場。ナイスな活用。
IMG_5958.jpg

最終日、その日お休みの観光協会事務局長の小林さんに案内いただいた。
IMG_5977.jpg

吉滝キャンプ場・コテージ村からの眺望。イヤなことが吹っ飛ぶ爽快感。
観光協会の会長さんが施設管理されている。少しでも景観をよくしようと真下に広がる荒れた農地を一生懸命耕している
IMG_6007.jpg

佐房地区の棚田の風景も見事
IMG_5900.jpg

IMG_5901.jpg

地域の方から「向の集落からこちらを見るといい風景だよ」と言われた
IMG_6009.jpg

向の新屋地区まで行き、佐房地区を見るると斜面に民家が重なり棚田が矢田川まで広がる状況がよく分かる
IMG_5909.jpg

牛玉山慈尊院光明寺山門
IMG_5982.jpg

光明寺本堂
IMG_5984.jpg

大師堂
IMG_5985.jpg

庭園
IMG_5986.jpg

重厚な岩山に圧倒される。まるで弘法大師が修行を積んだ大峰山のようだ。住職に伺うと、山中にはお稲荷さんの祠があり地元平野の方が管理。5月にお詣りされている。名前はごうろ山とよび、それがごうおう(牛玉)山、そしてぎゅうおう山と言われるようになったと教えていただく。
IMG_5989.jpg

添水唐臼(そうずからうす)小屋
IMG_5991.jpg

IMG_5997.jpg

内でお米をついている
IMG_5992.jpg

名牛「ぬい」号の碑
IMG_6000.jpg

小代物産館の案内所においてある小代小学校の手作り観光パンフレットはいずれも力作。子どもたちのふるさとへの思いが伝わってくる
IMG_5819.jpg

IMG_5820.jpg

IMG_5821.jpg

今回の旅、和牛の原点が小代であり、しかも日本の黒毛和牛の母牛の99.9パーセントがここの子孫ということすら知らなかった私ですが、2ヵ所のスキー場はじめ小代の自然を取り入れた町づくり、そして親切な方々や元気な若者に出会い、充実した小代の村めぐりでした。
IMG_5814.jpg

小代めぐり④本物をめざす人々

温泉水を利用しすっぽんとチョウザメ養殖を長年続けておられる増田時雄さんを訪ねました。
何といっても、いつも明るく元気な方。すごいパワフル。
IMG_5964.jpg

チョウザメの養殖施設
IMG_5960.jpg

養殖池を案内していただいた。
IMG_5966.jpg

大物のチョウザメだ
IMG_5968.jpg

すっぽん養殖施設
IMG_5969.jpg

あいにくすっぽんが現れません
IMG_5973.jpg

定年退職後野菜づくりに励む男性に出会う
IMG_6030.jpg

畑の肥料は化学肥料を使わず、全て有機。しかも自分で材料を集め発酵させているという。さらに工夫し研究をと輝いている
IMG_6027.jpg

もう少しすれば夏野菜ができるので食べに来てほしいと言ってくれた。きっと美味しい食材。食べてみたい。
IMG_6031.jpg

大きな蔵を見つけ、お話を伺う
IMG_6055.jpg

元酒蔵で、廃校になった小学校の材料を使い建築されたそうだ
IMG_6056.jpg

奥さんが手入れされている玄関先の庭をみせていただく
IMG_6052.jpg

きれいに鉢植えされている
IMG_6044.jpg

酒屋で使っていた古い小物を随所に活用
IMG_6050.jpg

IMG_6043.jpg

IMG_6047.jpg

IMG_6048.jpg


さらに驚いたのは、奥さんは「日本で最も美しい村」連盟に加入の手続きをした当時の観光協会事務局長。ご主人は、申請代表者である小代区の自治会長。偶然にお目にかかりとても不思議だ。当時の苦労話や、私が今まで訪れた、海士町・智頭町・伊根町の各町長を招いた講演会をこの地で開催したことを教えていただく。
IMG_6046.jpg

IMG_6051.jpg

今度の週末に町内の民家の庭を見せていただく「香り花フェスタ2017」が開催される
プロフィール

murameguri

Author:murameguri
京都北部で田舎暮らし
時々素敵な村をのんびり旅

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR