FC2ブログ

絶滅危惧の九輪草(クリンソウ)を守る里山の人々

篠山市の多紀連山の渓流脇で偶然見つかった九輪草。その種を発芽させて地道に育てている方を訪ねました。
IMG_5752.jpg

自宅の周囲に咲くクリンソウ。ちょうど花が見頃。
IMG_5773.jpg

採種し苗を育て開花。また採種し翌年も苗を育てる。5年ほど続け、今はクリンソウのお花畑に

IMG_5759.jpg

IMG_5767.jpg

IMG_5770.jpg

IMG_5760.jpg

IMG_5765.jpg

IMG_5756.jpg

IMG_5768.jpg

この荒れ地も数年後にはクリンソウの群生に
IMG_5762.jpg

家の周りはサツキなどの花盛り。初夏の里山は色鮮やか。
IMG_5774.jpg

IMG_5772.jpg

IMG_5775.jpg

IMG_5777.jpg

IMG_5813.jpg

どうやって種を取り苗に育て成長していくのか。一年を通した過程を伺いしブログに載せたい。

絶滅危惧の九輪草(クリンソウ)今、見ごろ

篠山市の多紀連山の渓流脇で偶然見つかった九輪草。あれから10年、地域の方々が水辺環境を整えたり、採種し苗を育て大切に守ってきた。
IMG_5786.jpg

丹波市市島町でも山野草に詳しい女性二人が偶然に発見。その後「妙高山クリンソウを守る会」が発足し保護にあたっている。
IMG_5807.jpg

入り口にクリンソウに会わせてピンクのノボリが
IMG_5785.jpg

渓流にそって咲くクリンソウの花
IMG_5790.jpg

IMG_5795.jpg

IMG_5799.jpg

IMG_5802.jpg

藤の花とのコラボ
IMG_5805.jpg

IMG_5809.jpg

茎の太いクリンソウの葉との間からミニサイズの子どもクリンソウが
IMG_5787.jpg

向かいの谷の耕作放棄された田に、黄色い花を咲かす「サワオグルマ」の群生が
IMG_5781.jpg

菊の花のようだ
IMG_5784.jpg

タニウツギも開花しはじめた
IMG_5811.jpg

花に囲まれた里山生活(春)

古くからの友人宅を訪問。
家の周囲の斜面いっぱい花々が覆っています。
IMG_4468.jpg

IMG_4471.jpg

雑木が生い茂り光の入らない荒れた裏山を少しづつ整備。
25年かけ、花木と野草が咲く山野草園を完成。
IMG_4475.jpg

IMG_4480.jpg

谷からの引いた清水は一年中枯れることはありません
IMG_4481.jpg

今が春本番。裏山全部にツツジの花。
IMG_4472.jpg

シャクナゲ
IMG_4470.jpg

IMG_4488.jpg

IMG_4485.jpg

ワラビの群生。とうてい食べきれない数です。
IMG_4483.jpg

適度に雑木を間引き薪に。ストーブの燃料として活用。
IMG_4473.jpg

次の楽しみは「ササユリ」「クリンソウ」の季節です
IMG_4478.jpg

大野ダム桜満開

IMG_4407.jpg

京都府北部の桜の名所のひとつ。虹の湖(大野ダム完成によって誕生した人造湖)公園に広がる桜林。
IMG_4413.jpg

ダムと周辺環境を管理整備されていた大野ダム管理事務所のOBの方の案内で、じっくり4時間かけ園内を廻りました。
IMG_4416.jpg

1960年3月にサクラとモミジが2,500本植樹され、その後も京都府と地域の方が丹精を込め育ててきたとのこと。
IMG_4419.jpg

ソメイヨシノを中心にシダレザクラ・ヤマザクラ・オオシマザクラなど種類も豊富です。
IMG_4425.jpg

ダムの上からの眺めは爽快。真下には桜の花が泳ぐ。
IMG_4414.jpg

木々の間からダム湖のみなもが。
IMG_4420.jpg

「おおのしだれ桜」は一見の価値あり。
丸山公園のしだれ桜の枝分け。植樹の完成記念に桜守・佐野藤右衛門が植樹したそうです
IMG_4418.jpg

初夏への訪れを感じるミツバツツジ
IMG_4426.jpg

『ふるさと桜づつみ回廊」』サイクリング

峠を越えると兵庫県丹波市青垣町。加古川沿いの桜が満開です。
IMG_4326.jpg

青垣から氷上まで10キロにわたる川沿いの土手には2,000本以上の桜並木が途切れなく続いていました。
IMG_4352.jpg

桜並木の下の道路は4分の1ほどは車で通り抜けできます。ほとんどの区間を通れる自転車がおすすめです。
IMG_4331.jpg

地元の方に尋ねたところ、瀬戸内海から日本海までの全長約170kmの河川沿いを5万本の桜でつなぐ『ふるさと桜づつみ回廊」』の大プロジェクトを県が事業化。1991年度から10年かけて植樹整備したとのこと。 さすがビックな兵庫県。 
IMG_4347.jpg

節分の雪での枝折れも、しっかり管理されていました。
IMG_4338.jpg

訪れる人々もまばらで、壮大な情景を貸し切りで楽しめます。
IMG_4358.jpg

桜満開

4月の声とともに気温が上昇。いきなり桜が満開になりました。
IMG_4242.jpg

30年前、我が家の下の土手に桜の苗木を2本植樹。年とともに枝振りが良くなります。
IMG_4251.jpg

桜の下は農業用水路。初夏になると源氏ボタルが乱舞します。
IMG_4253.jpg

春を告げるコブシの花も輝いています
IMG_4206.jpg

IMG_4207.jpg

IMG_4239.jpg



里山ビオトープ進化中

かつては、近所であたりまえに見かけた水生生物fは個数の減少が続き、絶滅の危機にあります。
「ミニ見二水族館」では在来水生生物を守ろうと2015年9月よりビオトープづくりを始めました。
IMG_4167.jpg

山の脇の休耕田を借用し池と川の回廊を配置しています。
一部の生物は小川へ流れ、在来種として自然へ帰ります。
IMG_4164.jpg

谷から水の取り入れ口に「梅花藻」が増えました。
IMG_4166.jpg

ゲンジボタルの幼虫など40種類以上の水生植物が定着しています。
IMG_4179.jpg

IMG_4170.jpg

大笹で飲み込まれた休耕田を切り開き、今年新たなビオトープを増やしました。
IMG_4174.jpg

できあがった池に魚を放流。成長が楽しみです。
IMG_4172.jpg

IMG_4171.jpg

ミニ見二水族館

自転車で15分。かならず立ち寄るのが「ミニ見二水族館」。
周辺に生息する水生生物を、地域の人に知ってもらおうと展示しています。
IMG_4161.jpg

館長の上原節男さんの自宅の車庫と玄関先に水槽が並び、近所の小川や由良川の生き物を見ることができます。
IMG_4180.jpg

IMG_4152.jpg

その数40種類以上。水槽の中で繁殖することも多々あるとか。
IMG_4151.jpg

田中さんと川畑さんの仲間3人が集まると、話が盛り上がり夢が膨らみます。
IMG_4149.jpg

アットホームのミニ水族館、素敵です。お立ち寄りください。見学無料。 福知山市観音寺15-1
IMG_4153.jpg

綾部市工業団地交流プラザのトイレ

由良川堤防を自転車で走りました。
滋賀県・福井県・京都府の県境を源流とする由良川。
その山々からの雪解け水が勢いよく流れています。
IMG_4106.jpg

場所がわからず地元の方にたずね到着しました。
安藤忠雄氏設計の綾部市工業団地交流プラザ。
IMG_4112.jpg

1995年建築。
こんな近くに世界の安藤作品があることを知りませんでした。
IMG_4110.jpg

びっくりしたのはトイレです。 明るい。臭くない。開放的。
IMG_4120.jpg

建物の上部の2面の壁が吹き抜け。光と風がいっぱい。
IMG_4115.jpg

とても静かな場所です
周囲は公園で遊歩道があり、のんびり時間が過ぎます。

養泉寺の紅梅満開

緋寒桜(ロケット桜)で有名な養泉寺の摩耶紅梅が満開。
住職によると、この冬の雪で3分の1の枝が折れたとのこと。
それでも見事です。
IMG_4104.jpg

フキノトウも顔を出しはめました。
IMG_4101.jpg

河原にはネコヤナギ
IMG_4095.jpg

緋寒桜はまもなく開花します。

玄関をミニギャラリー (節分)

季節を感じる玄関。作品はすべて奥さまの手づくり。 
IMG_4075.jpg

IMG_4077.jpg

IMG_4080.jpg

IMG_4081.jpg
来月の訪問が楽しみです。

春の土師川

氷点下2度。春の光で霜が溶け朝霧に。 時間とともに春に。
IMG_4480 (640x480)

IMG_4477 (640x480)

IMG_4487 (640x480)
自転車で5分。 なにげなくあたりまえの風景が素敵だ。 

三ツ塚古墳公園梅林が開花(2017/02/25)

丹波市市島町の三ツ塚古墳公園梅林
IMG_4500 (640x480)

2週間前の大雪にも耐えました。 今は二分咲きぐらいです。 見頃まで間近です。
IMG_4497 (640x480)
プロフィール

murameguri

Author:murameguri
京都北部で田舎暮らし
時々素敵な村をのんびり旅

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR