松崎町めぐり④古民家再生に感激

歴史ある古民家
IMG_8336.jpg

かわいい唐破風屋根の玄関
IMG_8330.jpg

玄関前で作業されている方にお話を伺う。
空き家だった古民家を購入し、できるだけオリジナルに忠実なリフォームをしているという。
もともと近所に住んでいたご主人。子どもの時に建っていた古い町屋がどんどん取り壊される中、自分がそこで生活をし守っていくことができればと想い決断したという。
IMG_8337.jpg

特に玄関から縁側は痛みが激しく、木が腐食して前に傾いて危機的状態だったそうだ。
難工事を、地元の大工さんと左官屋さんと電気屋さんの奮闘により元の姿を取り戻すことができた。
IMG_8331.jpg

家の中を案内してくれた。それは、感激の連続。
玄関から土間がつづく。
IMG_8305.jpg

IMG_8307.jpg

土間の奥は台所
IMG_8297.jpg

台所の蛇口は2本。1本は水道水。もう1本は、なんと温泉水が出てきた。
24時間、自宅で温泉が楽しめる。温泉水料は月1万円の定額。水温はころあいだが、夏は少し冷まして風呂へ入るとそうだ。
IMG_8306.jpg

台所の天井は大正ロマンを感じる。中央には左官屋さんの鏝絵が。
IMG_8296.jpg

この台所にピッタリデザインの冷蔵庫。
IMG_8304.jpg

台所スイッチは真鍮製のプレート。
IMG_8299.jpg

台所から木製の扉を開けると浴室。細かいタイルが今でも輝いている。
IMG_8300.jpg

前にすんでおられた方がタイル張りの浴槽をFRPに取り替えたのが残念だ。
IMG_8301.jpg

玄関の踏み板は、欅の柱。大工さんからのプレゼント。カンナをかけると表面が輝く。
IMG_8293.jpg

その昔は歯医者さんの家だったそうだ。
使ってある木材は一級品。
IMG_8321.jpg

週末ごとに少しずつ手を加え古民家再生。
IMG_8309.jpg

新しく取り替えた木材は、「柿渋」を塗って表面を仕上げる。
IMG_8313.jpg

床の間
IMG_8311.jpg

床柱
IMG_8323.jpg

金屏風
IMG_8310.jpg

IMG_8324.jpg

裏の縁側
アルミサッシは家にひとつも使われていない。
IMG_8312.jpg

庭側の和室の奥の部屋を木のフローリングに。障子はすべて自分で張り替え。
掘りごたつがいい。
IMG_8308.jpg

備え付けの家具もそのまま活用。
IMG_8319.jpg

形を変えずオリジナルに沿ってそのままのリフォームを心がけた。
ただ一箇所だけ変更したトイレ。これは必要な工事だ。
IMG_8317.jpg

その昔は両替商もやっていたようで、戸車付いた木製金庫。
IMG_8326.jpg

IMG_8325.jpg

鉄格子の窓
IMG_8333.jpg

鉄格子の窓は上へ引き上げる方式。
IMG_8335.jpg

玄関横の円形窓。梁を換え取り付けてみると開閉可能に。
IMG_8328.jpg

IMG_8327.jpg

玄関のひさしに漆喰絵が。左官屋さんからのプレゼント。
IMG_8329.jpg

2階の小屋裏のお洒落な窓。
IMG_8339.jpg

窓を開けて見えるのは消防の火の見櫓。70年ほど前に祖父が作ったと教えてくれた。
IMG_8340.jpg

初対面の私に対して、時間をさいてお家を案内いただきありがとうございました。
古民家の再生のとりくみは素晴らしい。そしてご主人の言葉が感動的だった。最初は家が自分の存在を受け入れてくれずしっくりこなかった。たくさんの障子を張り終えると、この家がここに住んでいいよと私を認めてくれるようになった。これからも、雑巾をかけ床や柱を磨き良い家にしていきたい。未来へ繋げればと思うが、少なくとも、私が生きている限り家を大切に守っていきたい。

松崎町めぐり③おすすめスポットめぐり

石部(いしぶ)棚田は、眼下に駿河湾を一望でき、晴れた日には、富士山・南アルプスを望むことができる。
IMG_8416.jpg

IMG_8417.jpg

IMG_8423.jpg

個人や団体名のはいったプレートがさしてある。(棚田オーナー制度)
IMG_8428.jpg

松崎町石部地区棚田保全推進委員会メンバーの方が、「逆さ富士に見えないかい」と海岸方面を指さした。 言われれば確かに見える。
IMG_8424.jpg

和菓子の桜餅などに使用される塩漬けされた桜葉の生産は、松崎町が日本一。全国の約7割が松崎町から出荷されている。
生産農家の方に伺うと、桜葉は大島桜の葉を使用し冬に枝を全て切り落とすが、春になると枝が伸び葉が茂る。毎年5月から8月が収穫期。51枚を1束(一番上の1枚は包装で痛むため)として加工業者へ出荷するという。総生産量は100万束。栽培する農家は約200戸ほどあるそうだ。
IMG_8429.jpg

松崎町の海岸線は伊根町とよく似ている。断崖絶壁の岩の壁。ところどころに砂浜と漁村が点在。
IMG_8414.jpg

IMG_8438.jpg

IMG_8447.jpg

夕方、「石部温泉平六地蔵露天風呂」へ。
地元の人がつくり、観光客も無料で入ることができる。週末にもかかわらず利用者は私のみ。
IMG_8445.jpg

地蔵様が岩の上に鎮座し見守っている。
IMG_8444.jpg

男女別の脱衣場も完備。
IMG_8443.jpg

塩分が少し強いが、海水浴のシャワーもあるので流すことができる。
IMG_8442.jpg

早朝、日の出とともに町めぐり。
IMG_8454.jpg

IMG_8455.jpg

IMG_8464.jpg

「伊豆石」の産地としての室岩洞へ。
ところが、洞窟の中へは8時30分にならないと入れない。観光パンフにも、上の駐車場にも何も書いていない。洞窟入口だけに表記してうるのは不親切だし、暗闇の中へ入って怪我でもしたらたいへんだと思う。
IMG_8457.jpg

IMG_8460.jpg

松崎町は、平成14年9月22日にスケッチに適した町として「スケッチの町を」宣言。
松崎中学校生徒会は、全校写生の日「ふれあいスケッチディ」行事の中で書いた作品からカレンダーを制作し、独居老人の方々にプレゼントしている。
IMG_8273 (2)

生徒の力作。白黒でもじゅうぶん情景が伝わってくる。生徒の原作品が見たい。
IMG_8274.jpg

絵画だけでなく、標語もカレンダーのデザインも生徒が考え作製している。
とっても素敵なとりくみだ。
IMG_8275.jpg

松崎町めぐり①「なまこ壁」のまち並み

古来より松崎は、伊豆半島西海岸の中心港町として繁栄してきた。
幕府が置かれた江戸は人口100万の大都会。この人々を支える膨大な食料・物資を供給するため海路が発達。江戸と大坂の間を航行する船は伊豆を中継港として、下田に船番改所が置かれた。松崎は悪天候の時の避難場所や風待ちの港として、またその後は絹の出荷港として栄え富を得てきた。
なまこ壁通りは松崎の風情を代表する通り。
IMG_8166.jpg

壁面に四角い平瓦を並べて張り、その継ぎ目を漆喰でかまぼこ型に盛り上げる技法が「なまこ壁」。江戸時代より防火・防風、さらに津波からの害から物品を守る目的として普及した。
IMG_8165.jpg

その中でも旧近藤家の本宅と土蔵は、江戸時代末期に建てられた切り妻造りの二階建ての建物は見事だ。かつては薬問屋だった。
IMG_8164.jpg

那賀川に架かる「ときわ大橋」はなまこ壁の橋。
IMG_8169.jpg

当時、海からの荷揚げが行われた町で一番にぎわった場所。
IMG_8292.jpg

川を渡って明治時代の商家の中瀬邸へ。
IMG_8171.jpg

IMG_8180.jpg

中瀬邸の前に時計台が。
IMG_8172.jpg

IMG_8174.jpg

時計の文字盤に13という数字が。松崎だけに流れる時間を感じとりたい。
IMG_8175.jpg

明治初期、呉服商家を営んでいた。わずか数代のうちに財をなした大地主。
IMG_8191.jpg

IMG_8192.jpg

IMG_8186.jpg

IMG_8198.jpg

IMG_8204.jpg

IMG_8203.jpg

IMG_8222.jpg

IMG_8220.jpg

IMG_8225.jpg

入口の蔵はジオパークビジターセンターとして活用。
IMG_8184.jpg

IMG_8183.jpg

裏にある離れへつづく渡り廊下は、船大工の力作。
IMG_8209.jpg

離れは、松崎が舞台となったドラマの資料館になっている。
IMG_8211.jpg

IMG_8213.jpg

IMG_8217.jpg

私のお気に入りは「伊豆文邸」。とても落ち着く空間だ。
IMG_8258.jpg

IMG_8230.jpg

明治43年の建築。かつては呉服商。無料休憩所として開放されている。
IMG_8231.jpg

IMG_8239.jpg

IMG_8253.jpg

IMG_8244.jpg

IMG_8252.jpg

真空管ラジオからは現役で放送が流れる。
IMG_8238.jpg

伊豆文邸横の公園は足湯がある。
IMG_8235.jpg

民家の庭先に彫像が。そういえば町のいたるところに作品が立っている。
IMG_8167.jpg

IMG_8448.jpg

IMG_8450.jpg

川根本町めぐり ロマンチックスポット満載の町

私は南アルプス登山のため、以前から川根本町を通って大井川上流の最深部分で登山出発ポイントの井川へ行っていた。もともと、この川根本町と井川は森林鉄道でつながっていたこともあり結びつきが強かったが、井川が静岡市に併合してからは交流が少なくなった。その井川の土地の多くや川根本町の一部の土地を東海フォレストが所有しており、美しい村の山梨県早川町の人が社員として勤めていた。近年まで南アルプス登山ルートは、早川町から県境の山を越えて大井川上流の二軒小屋ロッジへの道が主流だった。日本ではその昔、野麦峠や若狭鯖街道など峠越えの道は最短かつ最適なルートだったように、南アルプスの深い森林も美しい村どおしが過去より身近につながっていた。
撮り鉄の聖地、SL大井川鐵道終点の千頭駅から国内唯一のアプト式鉄道「南アルプスあぷとライン」は井川駅へ運行。
IMG_8478.jpg

IMG_8479.jpg

子ども達に大人気の機関車トーマス号
IMG_8467.jpg

なつかしの昭和33年製南海高野線21000系。鉄人28号と重なるようなデザイン。
IMG_8471.jpg

寸又峡温泉駐車場に隣接する「南アルプス山岳図書館」
IMG_8488.jpg

2009,年に完成し南アルプス南部の山・川・民俗等の図書と関連資料を中心に、国内外の貴重な図書・資料・写真集・小説などを約6500冊を有する山岳図書館。
奥大井・南アルプスファンクラブの活動の拠点として、登山道の点検&クリーン登山など実施。山岳事故があった場合遭難本部になるという。
スタッフは明るくしかも丁寧な対応。山好きにとっては至福の時が過ごせる。
IMG_8487.jpg

寸又峡温泉には、最近になって注目されたポイントが「夢の吊り橋》」だ。
サイトトリップアドバイザーで、死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊り橋ベスト10に選定。
IMG_8545.jpg

大間ダムでせき止められたエメラルドグリーンの湖面
IMG_8496.jpg

長さ90m・高さ約8mの吊橋。
IMG_8510.jpg

橋に設置された看板には定員は10名。1時間待ちは覚悟を。
IMG_8501.jpg

スリル満点。
IMG_8514.jpg

カップルには最高の場所だろう
IMG_8522.jpg

天気がもっとよけれは幻想的なエメラルドグリーンになるそうだ。
IMG_8530.jpg

川根本町には、たくさん吊り橋が架かっている。
長さ145メートルの「両国吊橋」
IMG_8473.jpg

IMG_8475.jpg

最長なのは大井川本流に架かる塩郷の吊橋。なんと220.4メートル。
IMG_8590.jpg

民家との間、屋根の上に架けられている。
IMG_8575.jpg

運良ければSL機関車が下を通る。
IMG_8594.jpg

塩郷の吊橋からの景色(北側)
IMG_8581.jpg

塩郷の吊橋からの景色(南側) 山の上まで植林され自然林は少ない。
IMG_8582.jpg

対岸の森は公園になっている。
IMG_8583.jpg

恋がかなう鐘がある。
IMG_8586.jpg

IMG_8584.jpg

吊り橋を引っ返した場所から徒歩2分に「夫婦滝」。
IMG_8602.jpg

IMG_8597.jpg

日本一短いトンネル。
IMG_8605.jpg

IMG_8606.jpg

本日の温泉は、接岨峡温泉会館。重炭酸ナトリウム泉のツルツルの湯。
通称「若返りの湯」。今日も一人貸切だった。
IMG_8558.jpg

IMG_8561.jpg

IMG_8559.jpg

IMG_8560.jpg

お茶の名産地の川根本町。大井川の両岸の傾斜地を活かした茶畑。美味しいお茶だった。
IMG_8485.jpg

IMG_8588.jpg

IMG_8555.jpg

早川町めぐり⑤七面山登山

京都府伊根町の伊根湾の一番奥深い場所に、七面大明神をまつる七面山がある。アプローチの階段が急で、中学生のクラブ練習の駆け上りがとてもきつかった。
起源となる七面山に行かなくて帰ることはできないと思い、もう一日早川町に滞在することにした。
出発地の羽衣の春木川に架かる「羽衣橋」
IMG_8161.jpg

渡ると「白糸の滝」がある。
IMG_8155.jpg

流れる水に太陽の光が差し込み虹が。
IMG_8157.jpg

滝壺には人の姿が。
IMG_8154.jpg

出発を開始する。
IMG_8082.jpg

IMG_8083.jpg

この門を今まで何人の人がくぐっただろう。
IMG_8084.jpg

ゆるやかな階段が続く。
IMG_8085.jpg

檜の表面の皮が剥かれている。檜皮用だろうか。
IMG_8148.jpg

IMG_8149.jpg

神力坊・2丁目
IMG_8086.jpg

IMG_8147.jpg

つづれ折りの参拝路が続く。両側には杉並木。しかも巨木だ。
IMG_8088.jpg

一瞬だか景色が開ける。春木川には大量の土砂が積もっている。
IMG_8146.jpg

石標の数が目安になる。
IMG_8145.jpg

IMG_8143.jpg

肝心坊・13丁目
天明2年(1782)6月、日行法師の創立。
IMG_8091.jpg

休憩所が設けられ、中にはたくさんの「板マネギ」が。
IMG_8092.jpg

IMG_8094.jpg

昭和の大スターの名前も。
IMG_8095.jpg

久々の眺望。昨日行った身延山方面が見える。
IMG_8102.jpg

赤沢宿もうっすらだか確認できた。
IMG_8138.jpg

中適坊・23丁目
享保8年(1723)3月、蓮信法師の創立。
IMG_8104.jpg

和光門・46丁目
IMG_8108.jpg

IMG_8110.jpg

鐘楼
延宝3年(1675)の鋳造。梵鐘は撞くことができる。
IMG_8137.jpg

随身門・49丁目 大正10年創立。
この随身門の前からは富士山や身延山や鷹取山の雄姿を望むことができるが、残念ながら霧が立ちこめ視界がきかない。
IMG_8119.jpg

三角点のある、七面山山頂をめざす。
IMG_8122.jpg

海抜1989メートルの山頂は木でおおわれている。
IMG_8127.jpg

三角点。角が欠けている。この山だけでなく日本の有名な山の三角点も同様に欠けている。
IMG_8125.jpg

身門をくぐって石段を下る
IMG_8130.jpg

七面山敬慎院・50丁目
身延山久遠寺に属し七面大明神をまつる七面山本社を中心に、池大神宮、願満社、参籠殿からなる。
IMG_8118.jpg

一の池。本社右側の回廊をくぐるとい大きな池が。
IMG_8134.jpg

IMG_8135.jpg

中に入ってお詣りくださいと誘われ和室にとおされた。お茶をいただき、いよいよ七面大明神の本堂へ。本堂は写真撮影は禁止となっている。皆さんから聞いたとおり独特の空間と大明神のエネルギーが伝わってくる。手を合わせ感謝する。
IMG_8131.jpg

下山するため玄関で登山靴を履こうとすると、突然左太股の筋肉がつってしまった。
困っていると、「よければ、漢方薬を飲まれますか」と聞かれ渡された。
IMG_8133.jpg

なんということだろう。あっというまに痛みが治まる。
おかげで、トラブルなく下山できた。IMG_8608.jpg

下山までの全行程7時間。平日でもあったのか、道中で出会った方は15名。交代でお勤めする僧侶の方から励ましの声をいただき、また体調不良への機敏な対処に助けられました。ありがとうございました。
プロフィール

murameguri

Author:murameguri
京都北部で田舎暮らし
時々素敵な村をのんびり旅

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR