松崎町めぐり④古民家再生に感激

歴史ある古民家
IMG_8336.jpg

かわいい唐破風屋根の玄関
IMG_8330.jpg

玄関前で作業されている方にお話を伺う。
空き家だった古民家を購入し、できるだけオリジナルに忠実なリフォームをしているという。
もともと近所に住んでいたご主人。子どもの時に建っていた古い町屋がどんどん取り壊される中、自分がそこで生活をし守っていくことができればと想い決断したという。
IMG_8337.jpg

特に玄関から縁側は痛みが激しく、木が腐食して前に傾いて危機的状態だったそうだ。
難工事を、地元の大工さんと左官屋さんと電気屋さんの奮闘により元の姿を取り戻すことができた。
IMG_8331.jpg

家の中を案内してくれた。それは、感激の連続。
玄関から土間がつづく。
IMG_8305.jpg

IMG_8307.jpg

土間の奥は台所
IMG_8297.jpg

台所の蛇口は2本。1本は水道水。もう1本は、なんと温泉水が出てきた。
24時間、自宅で温泉が楽しめる。温泉水料は月1万円の定額。水温はころあいだが、夏は少し冷まして風呂へ入るとそうだ。
IMG_8306.jpg

台所の天井は大正ロマンを感じる。中央には左官屋さんの鏝絵が。
IMG_8296.jpg

この台所にピッタリデザインの冷蔵庫。
IMG_8304.jpg

台所スイッチは真鍮製のプレート。
IMG_8299.jpg

台所から木製の扉を開けると浴室。細かいタイルが今でも輝いている。
IMG_8300.jpg

前にすんでおられた方がタイル張りの浴槽をFRPに取り替えたのが残念だ。
IMG_8301.jpg

玄関の踏み板は、欅の柱。大工さんからのプレゼント。カンナをかけると表面が輝く。
IMG_8293.jpg

その昔は歯医者さんの家だったそうだ。
使ってある木材は一級品。
IMG_8321.jpg

週末ごとに少しずつ手を加え古民家再生。
IMG_8309.jpg

新しく取り替えた木材は、「柿渋」を塗って表面を仕上げる。
IMG_8313.jpg

床の間
IMG_8311.jpg

床柱
IMG_8323.jpg

金屏風
IMG_8310.jpg

IMG_8324.jpg

裏の縁側
アルミサッシは家にひとつも使われていない。
IMG_8312.jpg

庭側の和室の奥の部屋を木のフローリングに。障子はすべて自分で張り替え。
掘りごたつがいい。
IMG_8308.jpg

備え付けの家具もそのまま活用。
IMG_8319.jpg

形を変えずオリジナルに沿ってそのままのリフォームを心がけた。
ただ一箇所だけ変更したトイレ。これは必要な工事だ。
IMG_8317.jpg

その昔は両替商もやっていたようで、戸車付いた木製金庫。
IMG_8326.jpg

IMG_8325.jpg

鉄格子の窓
IMG_8333.jpg

鉄格子の窓は上へ引き上げる方式。
IMG_8335.jpg

玄関横の円形窓。梁を換え取り付けてみると開閉可能に。
IMG_8328.jpg

IMG_8327.jpg

玄関のひさしに漆喰絵が。左官屋さんからのプレゼント。
IMG_8329.jpg

2階の小屋裏のお洒落な窓。
IMG_8339.jpg

窓を開けて見えるのは消防の火の見櫓。70年ほど前に祖父が作ったと教えてくれた。
IMG_8340.jpg

初対面の私に対して、時間をさいてお家を案内いただきありがとうございました。
古民家の再生のとりくみは素晴らしい。そしてご主人の言葉が感動的だった。最初は家が自分の存在を受け入れてくれずしっくりこなかった。たくさんの障子を張り終えると、この家がここに住んでいいよと私を認めてくれるようになった。これからも、雑巾をかけ床や柱を磨き良い家にしていきたい。未来へ繋げればと思うが、少なくとも、私が生きている限り家を大切に守っていきたい。

松崎町めぐり③おすすめスポットめぐり

石部(いしぶ)棚田は、眼下に駿河湾を一望でき、晴れた日には、富士山・南アルプスを望むことができる。
IMG_8416.jpg

IMG_8417.jpg

IMG_8423.jpg

個人や団体名のはいったプレートがさしてある。(棚田オーナー制度)
IMG_8428.jpg

松崎町石部地区棚田保全推進委員会メンバーの方が、「逆さ富士に見えないかい」と海岸方面を指さした。 言われれば確かに見える。
IMG_8424.jpg

和菓子の桜餅などに使用される塩漬けされた桜葉の生産は、松崎町が日本一。全国の約7割が松崎町から出荷されている。
生産農家の方に伺うと、桜葉は大島桜の葉を使用し冬に枝を全て切り落とすが、春になると枝が伸び葉が茂る。毎年5月から8月が収穫期。51枚を1束(一番上の1枚は包装で痛むため)として加工業者へ出荷するという。総生産量は100万束。栽培する農家は約200戸ほどあるそうだ。
IMG_8429.jpg

松崎町の海岸線は伊根町とよく似ている。断崖絶壁の岩の壁。ところどころに砂浜と漁村が点在。
IMG_8414.jpg

IMG_8438.jpg

IMG_8447.jpg

夕方、「石部温泉平六地蔵露天風呂」へ。
地元の人がつくり、観光客も無料で入ることができる。週末にもかかわらず利用者は私のみ。
IMG_8445.jpg

地蔵様が岩の上に鎮座し見守っている。
IMG_8444.jpg

男女別の脱衣場も完備。
IMG_8443.jpg

塩分が少し強いが、海水浴のシャワーもあるので流すことができる。
IMG_8442.jpg

早朝、日の出とともに町めぐり。
IMG_8454.jpg

IMG_8455.jpg

IMG_8464.jpg

「伊豆石」の産地としての室岩洞へ。
ところが、洞窟の中へは8時30分にならないと入れない。観光パンフにも、上の駐車場にも何も書いていない。洞窟入口だけに表記してうるのは不親切だし、暗闇の中へ入って怪我でもしたらたいへんだと思う。
IMG_8457.jpg

IMG_8460.jpg

松崎町は、平成14年9月22日にスケッチに適した町として「スケッチの町を」宣言。
松崎中学校生徒会は、全校写生の日「ふれあいスケッチディ」行事の中で書いた作品からカレンダーを制作し、独居老人の方々にプレゼントしている。
IMG_8273 (2)

生徒の力作。白黒でもじゅうぶん情景が伝わってくる。生徒の原作品が見たい。
IMG_8274.jpg

絵画だけでなく、標語もカレンダーのデザインも生徒が考え作製している。
とっても素敵なとりくみだ。
IMG_8275.jpg

松崎町めぐり①「なまこ壁」のまち並み

古来より松崎は、伊豆半島西海岸の中心港町として繁栄してきた。
幕府が置かれた江戸は人口100万の大都会。この人々を支える膨大な食料・物資を供給するため海路が発達。江戸と大坂の間を航行する船は伊豆を中継港として、下田に船番改所が置かれた。松崎は悪天候の時の避難場所や風待ちの港として、またその後は絹の出荷港として栄え富を得てきた。
なまこ壁通りは松崎の風情を代表する通り。
IMG_8166.jpg

壁面に四角い平瓦を並べて張り、その継ぎ目を漆喰でかまぼこ型に盛り上げる技法が「なまこ壁」。江戸時代より防火・防風、さらに津波からの害から物品を守る目的として普及した。
IMG_8165.jpg

その中でも旧近藤家の本宅と土蔵は、江戸時代末期に建てられた切り妻造りの二階建ての建物は見事だ。かつては薬問屋だった。
IMG_8164.jpg

那賀川に架かる「ときわ大橋」はなまこ壁の橋。
IMG_8169.jpg

当時、海からの荷揚げが行われた町で一番にぎわった場所。
IMG_8292.jpg

川を渡って明治時代の商家の中瀬邸へ。
IMG_8171.jpg

IMG_8180.jpg

中瀬邸の前に時計台が。
IMG_8172.jpg

IMG_8174.jpg

時計の文字盤に13という数字が。松崎だけに流れる時間を感じとりたい。
IMG_8175.jpg

明治初期、呉服商家を営んでいた。わずか数代のうちに財をなした大地主。
IMG_8191.jpg

IMG_8192.jpg

IMG_8186.jpg

IMG_8198.jpg

IMG_8204.jpg

IMG_8203.jpg

IMG_8222.jpg

IMG_8220.jpg

IMG_8225.jpg

入口の蔵はジオパークビジターセンターとして活用。
IMG_8184.jpg

IMG_8183.jpg

裏にある離れへつづく渡り廊下は、船大工の力作。
IMG_8209.jpg

離れは、松崎が舞台となったドラマの資料館になっている。
IMG_8211.jpg

IMG_8213.jpg

IMG_8217.jpg

私のお気に入りは「伊豆文邸」。とても落ち着く空間だ。
IMG_8258.jpg

IMG_8230.jpg

明治43年の建築。かつては呉服商。無料休憩所として開放されている。
IMG_8231.jpg

IMG_8239.jpg

IMG_8253.jpg

IMG_8244.jpg

IMG_8252.jpg

真空管ラジオからは現役で放送が流れる。
IMG_8238.jpg

伊豆文邸横の公園は足湯がある。
IMG_8235.jpg

民家の庭先に彫像が。そういえば町のいたるところに作品が立っている。
IMG_8167.jpg

IMG_8448.jpg

IMG_8450.jpg
プロフィール

murameguri

Author:murameguri
京都北部で田舎暮らし
時々素敵な村をのんびり旅

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR