ササユリが広がる里山生活

里山生活を楽しんでいる知人から、「今年も、ササユリの花が咲いたよ」と連絡を受けた。
IMG_6493.jpg

イノシシが球根を食べ尽くしたり人が持ち帰ったりすることにより、近隣の山でササユリを見ることはめったにありません。
IMG_6494.jpg

彼は自宅の裏山を山野草の咲く林にしようと30年ほど前から整備し、ササユリの種子をまき苗を育て少しずつ増やしてきた。
IMG_6497.jpg

イノシシの被害を防ぐため、山全体を柵でおおう
IMG_6500.jpg

間伐をし明るい雑木林に
IMG_6512.jpg

間伐材は冬場の燃料として活用
IMG_6514.jpg

ササユリの花は蕾が開花し2日ほどが見ごろて5日ほどで花が落ちてしまう。
これから2週間あまり、林のあちらこちらで短い輝きのドラマが繰り返される
IMG_6496.jpg

500本以上あろうかと思われるササユリ。
梅雨の時期に、ささやかに可憐に咲く姿とさわやかな香りが緑の林に広がっていく。
IMG_6503.jpg

IMG_6511.jpg


春の贈物「ワラビ」

IMG_4457.jpg
お昼前に山へ入つてみると「ワラビ」発見。
IMG_4442.jpg

山道は桜の花の絨毯。
IMG_4449.jpg

しかし、鹿による食害は深刻。笹でさえも食べ尽くし山肌が裸に。
IMG_4448.jpg

大量の鹿の糞。
IMG_4445.jpg

この時期ははツツジや木の葉が一斉に芽吹く
IMG_4451.jpg

IMG_4456.jpg

食べる分だけ収穫。
IMG_4459.jpg

薪ストーブの灰を入れてアクを抜く。
今年の初物です。
IMG_4462.jpg

わらび卵とじ完成
IMG_4467.jpg

タラの芽収穫

桜が咲く時期は、多くの山菜も芽吹いてきます。
特に楽しみは、山菜の王様「タラの芽」です。
IMG_4433.jpg

日当たりの良い荒れ地に一気に群生。
IMG_4431.jpg

15分ほどで収穫。
冷蔵庫だと5日程は保存できます。
IMG_4436.jpg

わたし流の採取は「枝きりハサミ」で芽だけをやさしくつまみます。
枝を折ったり、木の幹ごと倒したりすることはやめてほしいです。
傘をうらがえしにしてキャッチするのが、ちょっとしたアイデア。
IMG_4441.jpg

タラの芽の天ぷら完成
IMG_4492.jpg

春本番

我が家の庭にも春がやってきました。
垣根(アカメ)
IMG_4259.jpg

ユキヤナギ
IMG_4256.jpg

ヒアシンス
IMG_4263.jpg

IMG_4261.jpg


チューリップと水仙
IMG_4260.jpg

庭の主は猫(名前はキキ)
IMG_4262.jpg

薪づくりシーズン

今は「山仕事」のベストシーズン。
毎日、薪づくりを楽しんでいます。
IMG_4141.jpg

2年先の冬への準備として、たっぷり蓄えます。
IMG_4135.jpg

最高気温は10度以下。作業をすると体がポカポカ温まり、ころあいの季節です。
IMG_4143.jpg

山も里も花ざかり。梅
プロフィール

murameguri

Author:murameguri
京都北部で田舎暮らし
時々素敵な村をのんびり旅

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR